Copyright 2015 VentiPinoⓇ All Rights Reserved.

Terredora テッレドーラ

Terredora(テッレドーラ)社は1978年に創設されました。

テッレドーラファミリーはイタリアでも屈指の由緒あるマストロベラルディーノファミリーです。1993年にマストロベラルディーノから独立をし、1994年より独自にワインの生産を始めました。オーナーのワルテル氏はカンパーニャ州の内陸部、アヴェッリーノにこのファミリーが何世紀にも渡り所有してきたグレコやタウラージなどの畑を引き継ぎました。

 

会社は1994年に新たに醸造設備を整備し、イタリア国内での販売に力を入れてきました。今も現役としてレストランへ営業に行っているワルテル氏の努力が実り、世界から多くの観光客が集まるカプリ島で最も多く売れるワインとして知られています。

また、最近では輸出にも積極的に乗り出しています。

 

古くよりテッレドーラ社はカンパーニア州におけるワインルネッサンスを常に最先端でリードしてきました。現在は120ヘクタール以上のワイン畑を持つカンパーニア州最大級のワインメーカーとなりました。

 

テッレドーラのワインは毎年多くの賞を受賞しています。

偉大なイワインとはバランス良い自然環境から成るというのが彼らの信条で、このことは地形、栽培する葡萄の種類、気候、そしてワインメイキングに携わる人々を指しています。

カンパーニア地方の伝統と土着品種をベースに、新しい流れを作るテッレドーラ社のワインをお試しください。

 

Taurasi Fatica Contadina タウラージ・ファティカ・コンディナ

格付:タウラージD.O.C.G.

葡萄品種:アリアニコ100%

ボディ:フルボディ

アルコール度数:13.5%

規格:750ml

色・味わい・香り:ガーネットを帯びたスミレ色。チェリー、スミレ、タバコの葉、プラム、ブラックペッパーを感じる。酸とタンニンのバランスが良い。優雅でスムース、ベルベットのような味わい。

サービス温度:18℃

料理との相性:ジビエ料理、スパイシーな料理、パルミジャーノやゴルゴンゾーラに合う。

商品紹介:南イタリアで最高級のワイン。タウラージとは町の名前で、この名前はローマ時代の力の象徴である神「タウルス」からつけられたものです。

タウラージはD.O.C.G.の規定によりリリースまで最低4年の熟成期間が必要です。テッレドーラでは4年の樽熟成の後、更に瓶内熟成をすることによりタンニンをまろやかにしています。また、タンニンを壊さないために、葡萄収穫後12日以内に発酵まで持っていきます。

30年という長期熟成にも耐えられるイタリアを代表する素晴らしいワインです。

赤ワイン

Lacryma Christi del Vesuvio Rosso

ラクリマ・クリスティ・デル・ヴェスーヴィオ・ロッソ

格付:ラクリマ・クリスティ・デル・ヴェスーヴィオD.O.C.

葡萄品種:ピエディロッソ100%

ボディ:ミディアムボディ

アルコール度数:13.0%

規格:750ml

色・味わい・香り:紫がかったルビー色。チェリーやラズベリーなどのフルーティーな香り。ペッパーなどのスパイシーさもあるソフトでエレガントなワイン。

サービス温度:18℃

料理との相性:肉料理(赤身肉、白身肉)、熟成チーズ、辛口のスパイシーなチーズなどによく合います。

商品紹介:カンパーニア州ヴェスーヴィオ火山の周辺で収穫された葡萄のみを使用。ピエディロッソを単一で100%使用しているのが特徴です。

ピエディロッソとは赤い足という意味で、この葡萄の根っこが白い鶏(ニワトリやハト)の赤い足の色のように真っ赤なのでその名前が付きました。バリックで熟成することにより、きつくないタンニンの仕上がりになっています。

通常はD.O.C.の規定により15%まで違う葡萄を使用しても良いことになっていますが、テッレドーラでは単一品種での生産にこだわっています。(白も同じ)

 

赤ワイン

Aglianico Campania アリアニコ・カンパーニア

格付:アリアニコ・カンパーニアI.G.T.

葡萄品種:アリアニコ100%

ボディ:ミディアムボディ

アルコール度数:13.0%

規格:750ml

色・味わい・香り:わずかにガーネットを帯びたスミレ色。赤い果実やプラムの香りと共にバニラ、スパイスのニュアンスを感じる。ベリーのような風味とバランスの良いタンニンが印象的な早飲みのワイン。

サービス温度:18℃

料理との相性:ローストした肉、スパイシーな料理、パルミジャーノなどの熟成チーズに合う。

商品紹介:アリアニコは南イタリアでもっとも重要な品種です。語源は昔の元号で「エレーニコ」という時代があり、そこからきた名前。

とても若さがあり葡萄の力強さが出ているワインです。木樽で短期間の熟成をし、ベリーなどの赤い果実の香りとバランスの良いタンニンが特徴です。

赤ワイン

Fiano di Avellino Campore フィアーノ・ディ・アヴェッリーノ・カンポレ

格付:フィアーノ・ディ・アヴェッリーノD.O.C.G.

葡萄品種:フィアーノ100%

ボディ:フルボディ

アルコール度数:13.5%

規格:750ml

色・味わい・香り:黄金がかった黄色。洋梨や柑橘系の果実、蜂蜜などの複雑でしっかりとエレガントな香り。柔らかく芳醇なバランスの良い味わい。

熟成により更なる進化をするワイン。

サービス温度:12℃

料理との相性:魚介類、スカンピなどの甲殻類にとても良い相性です。

商品紹介:フィアーノカンポレは限定された単一畑で収穫された樹齢の高い樹から収穫された葡萄のみを使用。通常より少し遅摘みでバリック発酵させます。その半分をバリックに残し、残りをステンレスの樽で発酵し、6カ月の後にブレンドします。更にボトルへの瓶詰後12カ月の熟成期間を経てリリースされます。

ピーチなどのフルーティーな香りとミネラル感が豊富で樽熟成による芳醇さ味わえる最高品質のワインです。

イタリア料理はもちろん、お寿司などの和食にも良い相性です。

白ワイン

Fiano di Avellino Terre di Dora

フィアーノ・ディ・アヴェッリーノ・テッレ・ディ・ドーラ

格付:フィアーノ・ディ・アヴェッリーノD.O.C.G.

葡萄品種:フィアーノ100%

ボディ:フルボディ

アルコール度数:13.5%

規格:750ml

色・味わい・香り:緑がかった黄色。青りんご、蜂蜜、洋梨、ローストしたヘーゼルナッツの香り。フルーティーでなめらか。フレッシュな酸味のバランスが良いワインです。セラー熟成でさらに余韻の長いワインとなります。

サービス温度:10~12℃

料理との相性:スカンピなどの甲殻類や仔牛肉によく合います。

商品紹介:その甘い香りに誘われて鉢が寄ってくると言われる葡萄。テッレドーラのフィアーノは白ワインでは珍しく長熟に耐え、10年でもヘタらない優れたワインです。テッレドーラの白ワインの中で最もミネラル感溢れるワインです。エチケットのマークはテッレドーラ社のあるモンテフスコの町の言葉である「よみがえる人々」という意味の言葉が書かれており、壊されたも壊されても何度も復活するという力強さを意味する言葉です。

Terre di Doraは創設者ワルテル氏の亡き奥様「Dora」の名前をつけた畑です。

白ワイン

Greco di Tufo グレコ・ディ・トゥーフォ

格付:グレコ・ディ・トゥーフォD.O.C.G.

葡萄品種:グレコ100%

ボディ:フルボディ

アルコール度数:13.0%

規格:750ml

色・味わい・香り:淡い黄色。青りんご、アプリコット、桃のような香り。なめらかな風味でバランスの良いワインです。

サービス温度:10℃~12℃

料理との相性:貝をつかった料理、グリルした魚料理、アクアパッツァ、モッツァレラ、鶏肉料理等によく合います。

商品紹介:グレコとはギリシャから来たという意味。ローマ帝国以前にギリシャから渡ってきた葡萄品種です。重厚さがあり、瞳を閉じて口にむと赤ワインのようなニュアンスも味わえます。この地域の土壌の特性によりすっきりとした酸味があり口の中に芳醇さが広がる素晴らしいワインです。

白ワイン

Lacryma Christi del Vesuvio Bianco

ラクリマ・クリスティ・デル・ヴェスーヴィオ・ビアンコ

格付:ラクリマ・クリスティ・デル・ヴェスーヴィオD.O.C.

葡萄品種:コーダ・ディ・ボルペ100%

ボディ:ミディアムボディ

アルコール度数:13.0%

規格:750ml

色・味わい・香り:緑かかった黄色。白い花や白桃、甘草のような香り。ミネラル感が豊富な辛口で切れの良い後味のワイン。ソフトでエレガントなワインです。

サービス温度:10℃

料理との相性:アンティパスト、特に魚介系の料理にとてもよく合います。

商品紹介:ラクリマクリスティというのは「キリストの涙」という意味です。ナポリは天国の一部をサターンに奪われ地上に落とされた町で、そのナポリの荒れ具合にキリストが涙を流し、その涙の落ちた場所から葡萄が生まれたという神話(伝説)があります。

実際には何度も噴火を繰り返すヴェスーヴィオ火山の麓で、何度も生え育ってきた葡萄の生命力がこの伝説を生んだとも言われています。このような伝説を語らないと説明がつかないこともこの逸話が生まれた要因のひとつでしょう。

このワインに使用される葡萄は「コーダ・ディ・ボルペ」という葡萄で、これは狐の尻尾という意味で、この葡萄の房の形狐の尻尾に似ていることが名前の由来です。

ヴェスーヴィオ火山周辺の土壌の特性によるミネラル感溢れるワインです。

白ワイン

Falanghina Campania ファランギーナ・カンパーニア

格付:ファランギーナ・カンパーニアI.G.T.

葡萄品種:ファランギーナ100%

ボディ:ミディアムボディ

アルコール度数:13.0%

規格:750ml

色・味わい・香り:緑がかった黄色。リンゴ、パイン、柑橘系のフルーツの香り。フレッシュで清涼な口当たり。滑らかな酸味のバランスの良いワインです。

サービス温度:10℃

料理との相性:スープ、魚介料理、モッツァレラなどのフレッシュチーズとよく合います。

商品紹介:ファランジャというギリシャ時代の長い槍のような武器が名前の由来。そのことからエチケットには戦士が描かれています。

リンゴやパイナップルなどのフルーツの香り。果実味がありきれいな酸とフレッシュな清涼感、ミネラルが特徴のワインです。

白ワイン

Please reload