Copyright 2015 VentiPinoⓇ All Rights Reserved.

San Felice サン・フェリーチェ

訪れる人がサンフェリーチェに着いて最初に出会う風景が、ゆるやかに起伏した丘、見渡す限りのワイン畑とオリーブ園、それを遮るようなひまわり畑。また、道や畑に沿った樹齢数百年のサイプレス(糸杉)、そして深い森、という典型的なキャンティ地方の風景です。冬にこの地域がすべての色を失い、風景がモノトーンで静寂を帯びても、サンフェリーチェの丘は変わらず、人々の心をひきつけます。オリーブの木とサイプレスの木が残すグリーン、これは忘れられない独特なトスカーナの田園風景のシンボルです。

 

サンフェリーチェ社の畑はキャンティ・クラッシコ地区に714年にすでに存在していたといわれ、その名前はエトルリア時代から続くという古くからの畑です。標高は海抜300m~450m、中心は50ヘクタールの高原、その中世風の村を囲むようにArbia川へ向かって南西に下っています。この農園の代表的工作は耕作はワイン畑とオリーブ園で残りは森で覆われています。天候は夏は暑くて乾燥しており、一年中の平均降水量は700mmで、この少ない降水量と深い岩の層からの地下水が作物の根を土壌の中に深く根付かせることを活性化し、夏の温度の中でも土の最上層が脱水することへの影響を少なくしているのです。このことがワインやオリーブの栽培に大変適した土壌を作っているのです。

 

1984年にはモンタルチーノ地域のカンポジョジョヴァンニ(Campo Giovanni)農園を買収。1990年にはサンフェリーチェ農園内にホテル" Borgo San Felice "を設立しました。このホテルは落ち着きのあるエレガントなもので、一流のシャトーガイドブックにも掲載されている素晴らしいホテルです。

さらに1993年にはマレンマ地方にあるペローラ(Perolla)農園を購入しました。

現在、サンフェリーチェ社はトータル210ヘクタールの畑を所有し、キャンティクラッシコ地域では、キャンティ・クラッシコ、ヴィンサント、オリーブオイルなど、カンポジョヴァンニ農園ではブルネッロおよびロッソ・ディ・モンタルチーノ、オリーブオイル、ペローラ農園ではヴェルメンティーノを使用したフレッシュな白ワインの他、カベルネ、メルローを加えた赤ワインを製造しています。さらにペローラ農園ではトスカーナ地方特産のキアーナ牛の飼育も行っています。

Vigorello ヴィゴレッロ

格付:トスカーナ

葡萄品種:カベルネソーヴィニヨン50%、メルロー45%、プチヴェルド5%

ボディ:フルボディ

アルコール度数:14.5%

規格:750ml、3L

色・味わい・香り:スミレがかった深いルビー色。サクランボ、木苺の香り。優雅で力強い。複雑だがバランスが取れている。

サービス適温:18℃

料理との相性:ジビエ料理、肉料理、熟成チーズなど。

商品紹介:スーパートスカーナの先駆けとして知られているワイン。発売当初はその可能性を探るために100%サンジョベーゼを使用。ファーストヴィンテージは1968年。その後1979年にカベルネソーヴィニヨンとブレンドしたものを発売。現在はカベルネを主体にメルローをブレンドしたものに進化している。名前の由来は力と生命力を意味するVIGOREをベースとした造語。銘柄の通り、このワインは力強く且つ生命力に溢れています。2010年ヴィンテージはガンベロ・ロッソ2013でトレビッキエーレを、ロバートパーカー2013では92ポイントの高評価を受けています。

赤ワイン

Poggio Rosso(Chianti Classico Riserva)

ポッジョ・ロッソ(キャンティ・クラッシコ・リゼルヴァ)

格付:キャンティ・クラッシコリゼルヴァD.O.C.G.

葡萄品種:サンジョベーゼ80%、コロリーノ10%、プニテッロ10%

ボディ:フルボディ

アルコール度数:14.0%

規格:750ml

色・味わい・香り:濃いルビー色。年の経過とともにザクロ色に。西洋スモモや黒苺、木苺の香り。芳醇で力強さがあり程よい渋み。

サービス適温:18℃

料理との相性:グリルした肉、ジビエ料理、サラミや肉の煮込み料理、熟成チーによく合います。

商品紹介:銘柄の由来は"赤い丘"という意味であり、それは晩秋の木の葉の色、そして日暮れ時の最後の光に映えるサンフェリーチェの丘を表しています。最良の葡萄がそこから収穫され最高のワインが出来るのです。

アメリカの人気ワイン雑誌Wine Enthusiastで2010年ヴィンテージは93ポイントという高評価を受けています。毎年高い評価を受ける価値ある逸品です。

また、キャンティ・クラッシコの新しいカテゴリーの設定により、2014年産以降はRiserva(リゼルヴァ)の上の最上級クラスGranSelezione(グランセレツィオーネ)に昇格します。

赤ワイン

Il Grigio Gran Selezione イル・グリージョ・グランセレツィオーネ

格付:キャンティ・クラッシコ・グランセレツィオーネD.O.C.G.

葡萄品種:サンジョベーゼ80%、他20%(プニテッロ等)

ボディ:フルボディ

アルコール度数:14.0%

規格:750ml

色・味わい・香り:深いルビー色。タバコの葉、リクリス、スパイシーさの中にスミレやカシスの香りを感じる。芳醇でありビロードのようなめらかだがしっかりしている。熟したタンニンのバランスが良い。

サービス温度:18℃

料理との相性:ローストやグリルした肉や熟成チーズに良く合う。

商品紹介:キャンティ・クラッシコの最上級クラスなのがこのグラン・セレツィオーネです。規定により30か月以上の樽熟成、3か月以上の瓶内熟成の他、自社所有の畑での葡萄栽培が義務付けられています。

このような既定の中でグランセレツィオーネを造ることのできる生産者は、キャンティ・クラッシコ地域の中でも60社ほどしかありません。さらにこの称号を得るためには選考委員による厳格な審査に合格しなければなりません。

イル・グリージョ・グランセレツィオーネは、これまでのリゼルヴァを格上げしたのではなく、新たにグランセレツィオーネ専用に開発されたワインであることも重要なことです。

セパージュされる20%の葡萄にはプニテッロのようなサンフェリーチェ社が専用の畑で30年以上の歳月を使い独自に研究してきた土着品種を使用しています。他では真似のできない逸品です。

赤ワイン

Il Grigio(Chianti Classico Riserva)

イル・グリージョ(キャンティ・クラッシコ・リゼルヴァ)

格付:キャンティ・クラッシコ・リゼルヴァD.O.C.G.

葡萄品種:サンジョベーゼ100%

ボディ:フルボディ

アルコール度数:14.0%

規格:750ml、5L

色・味わい・香り:深いルビー色。野生スミレ、バニラ、赤い木苺の香りを持つ強くて持続性のある香り。濃密でやや苦みのあるリッチでバランスの良い味。

サービス温度:18℃

料理との相性:グリルした肉、ジビエ料理、サラミ類、肉の煮込み料理、熟成チーズなど。

商品紹介:イル・グリージョのファーストヴィンテージは1974年です。このワインは上品で芳醇であるため、サンフェリーチェ社はラベルに高貴さをイメージする物を求め、画家ティチアーノが描いたLord(君主)という絵画を取り入れることにしました。この絵のモデルは画家ティチアーノの父君と考えられています。この君主の髪の毛と髭がグレーだったのでイタリア語で"IL GRIGIO” 即ち灰色という意味の名前がつけられました。

映画"ハンニバル"ではフィレンツェのカフェのシーンでレクター博士がこのワインを飲んでいる場面が登場します。

Wine Enthusiast2013では93ポイントの高評価を得ています。

赤ワイン

Chianti Classico キャンティ・クラッシコ

格付:キャンティ・クラッシコD.O.C.G.

葡萄品種:サンジョベーゼ80%、コロリーノ10%、プニテッロ10%

ボディ:ミディアムボディ

アルコール度数:13.5%

規格:250ml、750ml、5L

色・味わい・香り:輝くルビー色。黒苺やラズベリー、野生スミレの持続する香り。ドライでミディアムなボディ。なめらかで丸くバランスの良いワインです。

サービス温度:18℃

料理との相性:サラミなどの前菜、濃厚なプリモ、肉の煮込み料理、熟成チーズなど。

商品紹介:サン・フェリーチェのキャンティ・クラッシコはキャンティ・クラッシコ地区の最南端で造られています。

2009年ヴィンテージよりポッジョ・ロッソと同じセパージュに変更。

エチケットも一新し、更に洗練されました。

ロバートパーカーでは92ポイントという高評価を得ています。

赤ワイン

Ancherona アンケローナ

格付:トスカーナI.G.T.

葡萄品種:シャルドネ85%、ソーヴィニヨンブラン15%

ボディ:ミディアムボディ

アルコール度数:12.0%

規格:750ml

色・味わい・香り:葡萄の香りとオークの香りが完璧に調和した深い香り。趣のあるまろやかな酸味、香りのすばらしい持続性。

サービス温度:12~14℃

料理との相性:魚のグリル、海老料理、白身魚の料理など。

商品紹介:銘柄の由来はサンフェリーチェ社の敷地内を流れるアンケローナという名の川からきている。古代ローマ時代、トスカーナ地方はエトルリア人が住んでいたが、エトルリア語でアンカーリア、それが変じてアンケローナとなった。意味は勝利と運命の女神で、通常手に斧を、背に翼をつけた女性で表されている。

シャルドネとソーヴィニヨンブランのブレンドと樽熟成が作り出す洗練されたスタイリッシュワインの趣をお楽しみください。

白ワイン

CAMPO GIOVANNI(カンポ・ジョヴァンニ)

Brunello di Montalcino(ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ)

格付:ブルネッロ・ディ・モンタルチーノD.O.C.G.

葡萄品種:ブルネッロ100%

ボディ:フルボディ

アルコール度数:14.5%

規格:750ml

色・味わい・香り:ザクロに似た深いルビー色。熟れた木苺のような強くて特徴のある香り。芳醇でパンチがきいている。程よいタンニンのバランスが良い。

サービス温度:18℃

料理との相性:グリルした肉、ジビエ料理、熟成チーズによく合います。

商品紹介:1984年にサンフェリーチェ社はモンタルチーノ地域にあるカンポジョヴァンニ農園を買収しました。この地域にある南斜面の畑では良い条件のもと、最高品質の葡萄が作られます。

美しいバランスと長期熟成保存に優れたイタリアを代表するワインとして知られています。

赤ワイン

CAMPO GIOVANNI(カンポ・ジョバンンニ)

Rosso di montalcino(ロッソ・ディ・モンタルチーノ)

格付:ロッソ・ディ・モンタルチーノD.O.C.

葡萄品種:ブルネッロ100%

ボディ:ミディアムボディ

アルコール度数:14.0%

規格:750ml

色・香り・味わい:ルビー色。ダークチェリー、ブラックベリー、シダーウッドの香り。スパイシーでありながらしっとりとした酸を持ち、果実味豊かなしっかりとした骨格のある味わいです。

サービス温度:18℃

料理との相性:グリルした肉、ラグーのスパゲッティ、キノコやトリュフの入ったミートソース、仔牛や豚のメイン料理に合います。

商品紹介:上級クラスのブルネッロ・ディ・モンタルチーノと同じ葡萄品種であるブルネッロ(別名サンジョベーゼ・グロッソ)100%で造られ、12か月の木樽での熟成の後、2か月以上の瓶内熟成を経てリリースされるワインです。

赤ワイン

PEROLLA(ペローラ)

Rosso Maremma Toscana(ロッソ・マレンマ、トスカーナ)

格付:トスカーナI.G.T.

葡萄品種:メルロ50%、カベルネソーヴィニヨン20%、チリエジョーロ20%、サンジョベーゼ10%

ボディ:ミディアムボディ

アルコール度数:13.0%

規格:750ml

色・味わい・香り:紫がかったルビー色。バラの花びら、ラズベリー、ダークチェリー、ラベンダーのニュアンス。上記の素晴らしい香りを感じる味わい。

サービス温度:18℃

料理との相性:トマトソースのパスタやリゾット。グリルした肉、ラグーのスパゲッティ、トマト仕立てのブイヤベースや魚のシチューなど。

商品紹介:1993年にサンフェリーチェ社はマレンマ地方にあるペローラ農園を買収しました。この農園では葡萄栽培のほかにトスカーナ地方特産のキアーナ牛の飼育も行っています。

ここで栽培された葡萄はキャンティ地方にあるサンフェリーチェワイナリーに運ばれワインの製造が行われます。

すっきりと華やかな味わいが楽しめるワインです。

赤ワイン

PEROLLA(ペローラ)

Vermentino(ヴェルメンティーノ)

格付:トスカーナI.G.T.

葡萄品種:ヴェルメンティーノ85%、ソービニヨンブラン15%

ボディ:ミディアムボディ

アルコール度数:11.5%

規格:750ml

色・味わい・香り:少し緑を帯びた麦藁色。さわやかな柑橘系やハーブの香り。すっきりとしたドライな味わい。

サービス温度:12℃

料理との相性:アンティパスト、白身魚のグリル、貝類など。

商品紹介:マレンマ地方のなだらかに起伏した土地では長年にわたり良質のヴェルメンティーノが栽培されてきました。ブレンドした少量のソービニヨンブランがさらに優雅な風味を加えています

白ワイン

Please reload