Copyright 2015 VentiPinoⓇ All Rights Reserved.

Noi Vignaioli Piemontesi ノイ・ヴィニャイオーリ・ピエモンテージ

Noi Vignaioli Piemontesi(ノイ・ピニャイオーリ・ピエモンテージ)は、VIGNAIOLI PIEMONTESI(ヴィニャイオーリ・ピエモンテージ)という大きなワイン生産者共同体が海外向けに立ち上げたプロジェクト・ブランドです。この共同体には43のコーポラティーバと8500軒の農家が所属しています。農協のような役割も果たしており、農家に対し、畑でのブドウ栽培から醸造、瓶詰に至るまでワインに関するすべてを指導、管理しています。

 

このブランド "Nuovi Mondi" には5つのコーポラティーバと2つの個人ワイナリーが参加しています。

ピエモンテ州は小さな農家が多いためにコーポラティーバなどに葡萄を持ち込み製造を依頼しているところが少なくありません。大きいコーポラティーバでは集荷された葡萄の品質が良いものも良くないものも混ぜられて一緒になってしまうのが一般的です。農家の中にはとても良質の葡萄を作りことができる方もいるのです。

 

そこで Nuovi Mondi プロジェクトでは指定された生産方法や管理方法と、このプロジェクトの考え方に賛同してくれる優良な農家を厳選し、より良い葡萄を作ってもらい、良質なワインを世の中に提供していくことを目的としているのです。

Barolo バローロ

格付:バローロD.O.C.G.

葡萄品種:ネッビオーロ100%

ボディ:フルボディ

アルコール度数:14.5%

規格:750ml

サービス温度:18~20℃

色・香り・味わい:赤みの強い臙脂色。香りは非常に若い。きれいなスミレ、バラ、スパイスの香り。エステル香、リクリスの香りを感じる。タンニンと酸のバランスが良い。芳醇で口当たりがよくしっかりとした果実味。

 

料理との相性:肉料理や熟成したチーズとの相性が抜群。ラグーのパスタなども良い。

商品紹介:ピエモンテは素晴らしいワインを造るポテンシャルを持った土地です。ヌォーヴィ・モンディのバローロは厳格な生産方法と葡萄畑での的確な管理によって生み出される信頼あるワインです。バローロはイタリアを代表するワインのひとつで王様のワインともよばれ、15~20年の長期熟成にも耐えることができます。

赤ワイン

Barbaresco バルバレスコ 

格付:バルバレスコD.O.C.G.

葡萄品種:ネッビオーロ100%

ボディ:フルボディ

アルコール度数:14.0%

規格:750ml

サービス温度:18~20℃

色・香り・味わい:フレッシュな赤い果実、スミレ、バラの香り。きれいで滑らかなスパイス。果実味とコクがありなめらかなタンニン。

料理との相性:ブラサート(牛肉を野菜、トマトで煮込んだ料理)やローストした肉、熟成チーズなど。

商品紹介:バローロと並びイタリアを代表するワインで、バローロと同じ葡萄品種であるネッビオーロから造られます。長期熟成に耐え、エレガントで繊細な味わいがあり、世界的に人気を得ています。その生産量は少なく、バローロの半分以下です。

赤ワイン

Barbera  d'Asti Superiore バルベーラ・ダスティ・スーペリオーレ 

格付:バルベーラ・ダスティ・スーペリオーレD.O.C.G.

葡萄品種:バルベーラ100%

ボディ:フルボディ

アルコール度数:14.5%

規格:750ml

サービス温度:16~18℃

色・香り・味わい:紫の光沢を放つ深いルビー色。香りは強く広がる。完熟したチェリー、香辛料、バニラ、コーヒー、カカオのニュアンスを捉えることができる。心地よい酸味やタンニンの余韻が残るボリュームと骨格がしっかりあるワイン。

料理との相性:バーニャ・カウダや豆入のリゾット。ゴルゴンゾーラや半硬質チーズなど。

商品紹介:ピエモンテの南部、アスティ地域で生産されるD.O.C.G.統制保証付原産地呼称ワイン。12カ月以上の熟成期間を経て造られるスーペリオーレはバローロやバルバレスコにも劣らぬ気品溢れるワインに仕上がっています。

赤ワイン

Piemonte Barbera ピエモンテ・バルベーラ

格付:ピエモンテ・バルベーラD.O.C.

葡萄品種:バルベーラ100%

ボディ:ミディアムボディ

アルコール度数:13.0%

規格:750ml

サービス温度:18~20℃

色・香り・味わい:ルビー色。スミレの香り、スパイス(白コショー)、赤い花。まろやかな酸味と果実味が特徴。

料理との相性:サラミなど香辛料の入ったハム類。アマトリチャーナなどの肉の入ったトマトソースなど。

商品紹介:ピエモンテ統制原産地呼称(D.O.C.)ワインのカテゴリーでは色々なワインを表現することができます。バルベーラは基本的にタンニンをあまり含まず、きれいな酸のある色の濃いワインとなります。

赤ワイン

Piemonte Dolcetto ピエモンテ・ドルチェット

格付:ピエモンテ・ドルチェットD.O.C.

葡萄品種:ドルチェット100%

ボディ:ミディアムボディ

アルコール度数:12.5%

規格:750ml

サービス温度:18~20℃

色・香り・味わい:紫がかったスミレ色。葡萄そのものの香り。赤い花、わずかにスパイス。時間が経つとベリーの香りも出てくる。辛口ですっきりとした酸を感じる。

料理との相性:サラミなど香辛料の入ったハム類。アマトリチャーナなどの肉の入ったトマトソース。

商品紹介:ドルチェットはピエモンテで唯一食用としても使われており、ピエモンテ独特の品種です。広い地域で栽培されている葡萄です。

赤ワイン

Roero Arneis ロエロ・アルネイス

格付:ロエロ・アルネイスD.O.C.G.

葡萄品種:アルネイス100%

ボディ:ミディアムボディ

アルコール度数:13.5%

規格:750ml

サービス温度:10~12℃

色・香り・味わい:黄色い麦藁色。リンゴ、ピーチ、柑橘系、華やかで複雑な香り。ミネラル感、余韻に塩味を感じアロマが持続する。芳醇で心地よい柔らかさとフレッシュ感。

料理との相性:前菜や軽い味わいのパスタ料理との相性が抜群。ジェノベーゼソースなどにもよく合う。

商品紹介:ロエロ地区のアルネイス種を厳選し使用。アルネイスは別名ネッビオーロビアンコとも呼ばれガヴィと並びピエモンテを代表する葡萄品種。元々はネッビオーロのタンニンを和らげるためにブレンド用として使用されていました。アルネイスという名前は気難しいという意味からきており、その名の通り扱いが難しい葡萄です。一時期全滅の危機もありましたが、研究者により復活。現在は主にこのロエロ地区やランゲ地区で栽培されており、この地域唯一の白ブドウです。さわやかさが特徴の良質なワインです。

白ワイン

Gavi del Comune di Gavi ガヴィ・デル・コムーネ・ディ・ガヴィ 

格付:ガヴィ・デル・コムーネ・ディ・ガヴィ D.O.C.G.

葡萄品種:コルテーゼ100%

ボディ:ミディアムボディ

アルコール度数:12.5%

規格:750ml

サービス温度:8~10℃

色・香り・味わい:緑色の光沢を放つ麦藁色をし、香りは華やか。スズランやレモンの皮、青りんごのニュアンス。酸が少なく余韻に甘みを感じる。

料理との相性:前菜や軽い味わいのパスタ料理、魚介料理など。

商品紹介:アルネイスと共にピエモンテを代表する白ワインです。コルテーゼ種を使用したこのワインは18世紀にピエモンテの南部で造られるようになりました。繊細で上品な香りが特徴のワインです。

白ワイン

Moscato d'Asti モスカート・ダスティ

格付:モスカート・ダスティD.O.C.G.

葡萄品種:モスカート・ビアンコ100%

ボディ:ライトボディ

アルコール度数:5.5%

規格:750ml

サービス温度:8~10℃

色・香り・味わい:モスカート特有の華やかな香り。バニラ、セージやアカシヤの花、蜂蜜のニュアンスが特徴。グラスの中で輝かしい光沢を放ち、甘さとフレッシュさのバランスがとれている。

料理との相性:ビスケットやベリー系のタルト。ティラミス、パンナコッタ、焼き菓子など。

商品紹介:さわやかな甘さが特徴で、パーティー等の機会でよく使用されるワインです。モスカートとはマスカットのことアスティ地域のマスカットで造られたワインという意味の名前です。アスティ・スプマンテと共に女性に人気のワインです。

甘口白ワイン

(微発泡)

Asti アスティ

格付:アスティD.O.C.G

葡萄品種:モスカート・ビアンコ100%

ボディ:ライトボディ

アルコール度数:7.0%

規格:750ml

サービス温度:8~10℃

色・香り・味わい:小麦色。麦藁の香り、セージや生姜、レモン、トロピカルフルーツの香りを持つ。発泡性で余韻が長い。

料理との相性:カクテルやアペリティフに。またはデザートやフルーツとの相性が抜群。

商品紹介:イタリアの甘口スパークリングワインとして世界的に有名なワインです。日常のみならず、特別な機会にもふるまわれるワインです。モスカートダスティ同様、女性を中心に世界的に人気のワインです。

スプマンテ

(甘口)

Please reload