Copyright 2015 VentiPinoⓇ All Rights Reserved.

Antiche Fattorie Cilentane 

アンティケ・ファットーリエ・チレンターネ

Antiche Fattorie Cilentane社(AFC社)は、カンパーニア州アグロポリにあるリモンチェッロやグラッパなどを製造している会社です。

ここで造られているリモンチェッロの原料となるレモンはサレルノやソレント地域のスフサート種というレモンを使用しています。通常のレモンよりかなり大きく肉厚なのが特徴のレモンで、香りが良くリモンチェッロには最適なのです。

 

リモンチェッロはこのレモンの皮の部分だけを使用します。表面の黄色い部分のみを使用するので機械では作業ができず、全て手作業で行っています。100kgの原料を剥くのに1人当たり7時間もかかる大変な作業です。

こうし皮むきされたレモンの皮は96度のアルコールに1週間ほど漬けられ、その後砂糖水を加えて3~4日間寝かされて完成となります。

 

漬け終わったレモンの皮はバイオガスの燃料などとして再利用されます。

また、皮をむいたレモンの果肉部分は牛や豚などの飼料として利用されます。AFC社のあるアグロポリ周辺は水牛の飼育も盛んな地域で、この辺りの水牛はこのレモンを食べているとのことです。

Limoncello リモンチェッロ

品種:スフサート

アルコール度数:30%

規格:750ml

商品紹介:カンパーニア州ソレント地域のレモン(スフサート)を使用して造られたリモンチェッロです。

スフサート種は大きくて肉厚なのが特徴

このレモンをまずは傷つけないように柔らかいブラシでブラッシングし、表面の皮の黄色い部分だけを手作業で薄く剥いて使用します。

さわやかな香りと程よい甘みが特徴の南イタリアを代表するリキュールです。

 

よく冷やして食後酒としてストレートではもちろん、ソーダ割りなどでも美味しお飲みいただけます。

Please reload